Una storia l'infinità seguente

ナルル王国の日々を綴る日記です。PCや移住者さん達のことを綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が大人の階段を一段、上った日…。

211年15日

NALULU_SS_0434.jpeg
NALULU_SS_0439_20141022052302a1d.jpeg
エミリアさんの葬儀に参列しましたの。
葬儀には娘さんのダイアナさんや親友のエイダさん、
そして、プレーチェ伯母様やワシリー義伯父様、従姉弟のビリー君、ワシリー義伯父様の弟さんの
メルキオッレさんとそのお子であるウェズ君、
エミリアさんの血縁者であるレガーナさんやモイセス君が参列されてましたわ。
皆さん、エミリアさんと縁のある方々ですわね。

NALULU_SS_0442_201410220523032e3.jpeg
NALULU_SS_0443_20141022052304493.jpeg
ラムサスさんが酷く落ち込まれておりましたわ…。
自分よりも若い奥さんが先立つという事はどれだけ辛い事でしょうか…。
その事を私自身に当て嵌めて考えてみましたら、涙が溢れ出そうになりましたの。
私が泣いてもラムサスさんがお困りになられますから、何とか堪えました…。

私もいつかはお父様やお母様を見送る日が来るかもしれません…。
その日を思うと怖くて悲しくて、その様な切なさなどの気持ちで苦しくなりそうです…。

NALULU_SS_0444_201410220523050b8.jpeg
NALULU_SS_0445_2014102205230711c.jpeg
その後、モーガンさんとデートでしたの。
先程までは落ち込んでおりましたが、モーガンさんとの楽しい一時を過ごした事によって
気持ちがだいぶ回復しましたの。

こういう時に恋する人の存在が心強く、そして、有難いと思いますわ。

NALULU_SS_0450_201410292329320f2.jpeg
今日はお父様の所属するバイツ隊は試合無いので、アンフィニー叔父様の所属するヴォルス隊の
応援に行きました。
対戦相手チームのアルバス隊にはお父様の親友のリカルドさんがいらっしゃっいましたの。

NALULU_SS_0452_20141029232934fcb.jpeg
リカルドさんとカロヤカさんが対戦されて、僅差でリカルドさんの勝利でした。

NALULU_SS_0453_2014102923293696d.jpeg
NALULU_SS_0454_2014102923293730d.jpeg
NALULU_SS_0455_20141029233237b6a.jpeg
カロヤカさんの後、ノームスティルグの勝利を一人で稼いでおられるラリーさんが登場され、
あっという間に全勝されましたの!凄いですわ♪
お父様がよく「ラリー先生が居ればノームスは安泰だよ」とか
「彼はノームスティルグの勝利の神様」と仰ってましたが、本当にそうですわね。

NALULU_SS_0456_20141029233238b90.jpeg
ラリーさんの大活躍でアンフィニー叔父様の戦いを見る事は出来ませんでしたが、
ヴォルス隊が勝てたので良かったですわ♪

NALULU_SS_0459_201410292332409fa.jpeg
NALULU_SS_0460_20141029233241119.jpeg
応援の帰りにティルグ前広場を歩いておりましたら、お父様にお会いましたの。
先日はお母様から技を伝授して頂きましたが、お父様からも技を伝授して頂きたいと思ってましたので
それをお願いしましたら快く引き受けて下さいましたの。

NALULU_SS_0463_20141029233505c23.jpeg
NALULU_SS_0464_20141029233507d21.jpeg
お父様がまるで学校の先生の様で、何だか心がくすぐったいですわ。

NALULU_SS_0475_201410292343510e6.jpeg
NALULU_SS_0480_2014102923435447a.jpeg
お父様からも技を伝授して頂きました。
お父様はお祖父様から技を伝授したという事を聞いてましたので、是非ともその技を伝授したいと思いましたの。
お祖父様からお父様を経て、そして、お父様から私へと受け継がれるお祖父様の技。

お母様から教えて頂いた時にも思いましたが、技を伝授している時に教えてくれてる方の
それぞれの想いも伝わってきましたの。

きっと、お父様もお母様も技を伝授して頂いてる時、その様な想いを感じられておられたのかもしれません。

NALULU_SS_0482_2014102923435591e.jpeg
お父様に労わりのお言葉を掛けましたら、嬉しそうな表情で返してくれましたの。

娘の私から技伝授して欲しいと言われた事が嬉しかったんですって。
うふふ…、やっぱりお父様は子煩悩で優しい方ですわ♪

211年16日

NALULU_SS_0486_20141029234801d7f.jpeg
今日もモーガンさんとデートで、海岸で追いかけっこでしたの。
今日はいつにも増してはしゃぎ過ぎてしまいましたわ♪

NALULU_SS_0489_20141029234802145.jpeg
NALULU_SS_0490_20141029234804389.jpeg
海岸で走り回り過ぎてしまい、ちょっとふらつきながら歩いてましたら
お父様に窘められてしまいましたわ。

NALULU_SS_0492_20141029234805d4a.jpeg
バジルさんvazill.jpgとダイアナさんdaiana.jpgの結婚式。
ダイアナさんの結婚式を目の前に控えてシズニの元へと召されてしまわれたエミリアさん…。
きっと娘さんの晴れ姿を御覧になりたかったに違いないですわね…。
そんなエミリアさんの気持ちを思うと切なくなりますわ。

NALULU_SS_0493_20141029235502ae8.jpeg
エミリアさんが嫁げばラムサスさんはエルグ長宅で一人になられて寂しくなりますわね。
でも、この年齢にしてようやく結婚出来た事は喜ばれてるのでしょうね…。

NALULU_SS_0495_201410292355050f8.jpeg
NALULU_SS_0497_20141029235511329.jpeg
バジルさん、ダイアナさん。ご結婚おめでとうございます♪
末永く幸せで居られます様に♪

姓はダイアナさんの「ヘルツシュ」姓を名乗られる事になられたみたいですわ。

NALULU_SS_0500_201410300206448b7.jpeg
午後からはサイアムさんseizinnsaiamu.jpgとレガーナさんseizinnregrna.jpgの結婚式。
サイアムさんとレガーナさんは同い年という事は学生時代から仲が良かったのでしょうか?

娘さんを見守るパールスさんの眼差しが寂しさと優しさが相俟り、胸がジーンと来ましたわ。

NALULU_SS_0501_201411060134062c3.jpeg
NALULU_SS_0502_201411060134085fd.jpeg
サイアムさん、レガーナさん。ご結婚おめでとうございます♪
末永く幸せで居られます様に♪

姓はレガーナさんの「ブリンクマン」姓を名乗られる事になられた様ですわ。

NALULU_SS_0498_201410292355110b7.jpeg
家に帰ろうとしましたところ、何故かバジルさんとダイアナさんの自宅になってましたの!
今朝まではそうだったのに、突然の事に混乱してしまいましたわ…。

自宅が何処に移ったのか分からなくて困っておりましたら、ダイアナさんが家から出て来られて、
「ジョイアちゃんの家はメイビ区4-4よ。貴女のお母さんが午前中にそちらに引っ越しするという事で
この家を空けられたそうなの。私達は結婚式挙げた後に此処に越してきたのよ。」と
話して下さいましたの。

ダイアナさんの仰られた通りにメイビ区4-4に入って行きましたら、お父様とお姉様が居りましたの。

NALULU_SS_0506_20141106013410d14.jpeg

seizinnzyoia01_201309220121434ad.jpg「お父様…、私、自宅に別な方が住んで居られて驚きましたわ…。お母様、どうしてなのでしょう?」
newlienn14yealsold.jpg「僕も驚いたよ。まさかアリアちゃんが引っ越しするとは思わなくてね…。急にどうしたんだろうね」
seizinnferitita.jpg「父さんもジョイアも別にいいじゃないの。母さんが自分で貯めたお金で住みたいと思った場所に
       移っただけの話でしょ。もしかしたら、シンザー区よりメイビ区の方が年齢的に母さんには
       住み易いのかもしれないわ」

seizinnzyoia01_201309220121434ad.jpg「お姉様…、流石はクールだけあって考え方もそうですわね」
newlienn14yealsold.jpg「そうだね。でも、そうは言いながらも人一倍優しいんだよね。フェリチタちゃんは」

引っ越しの件は本当に驚きました。自宅へ戻ったらNPCさんの新居になっていて、引っ越しした時のアナウンスが無いナルル王国だから、
一瞬、私が帰宅する自宅を間違ったのか?と思っちゃいましたよww

アリアさんがギブル券の換金していてそこそこの大金持っていたのは把握していたんですが、まさか引っ越しするとは夢にも思わなくて…(^^;
アリアさん、もしかしたら気分転換か何かでメイビ区に越したかったのかもしれないですね(*´▽`*)


211年17日

NALULU_SS_0507_20141106013411060.jpeg
フュルベールさんが危篤になられたという事でお見舞いに行きましたの。
時間経つ度に見知ってる方々がこの様になってゆくのは幾度経験しても慣れませんし、
慣れたくもないですわ。

その後にモーガンさんとデート。

NALULU_SS_0513_20141106085330211.jpeg
そう言われて目を閉じましたの。

NALULU_SS_0514_20141106085331313.jpeg
そうしましたら、彼は私をそっと抱き寄せた後、私の口にキスをしてきてくれましたの♪
彼の唇が重なった時、胸の中が甘くて、そして、泣きたくなる様な幸せに満ち溢れてきて
思わず泣きそうになりましたの。
彼のことを恋しい人から愛おしい人と思った瞬間(とき)でもありましたわ。

恋を知ると人は悲しい時や苦しい時だけでは無く、幸せな時でも涙が出て来るのですわね。
最近の私は何だか涙してる事の方が多い様な気がしますわ。

NALULU_SS_0515.jpeg
seizinnzyoia01_201309220121434ad.jpg「モーガンさん。私にキスして下さったのは…」
seizinnmorgan_20130922012144e8c.jpg「今日、君の誕生日でしょ?だから、「愛してる」という意味で贈った君への贈り物だよ」
彼は赤面しながらそう言った後、恥ずかしさのあまり俯いてしまわれましたわ。

モーガンさん。私の誕生日をきちんと覚えて下さってたのですね。
それに、その日に合わせてキスのプレゼントを贈って下さった事も合わせて嬉しいですの♪

モーガンさんからは子供の頃からプレゼントを頂いてましたが、今日のこのプレゼントが
生きてきた人生の中で一番嬉しい贈り物ですわ。

NALULU_SS_0516_20141106085333a07.jpeg
ロークエルグに行きましたら、お母様からお祝いの言葉を頂きましたの♪

その後、お母様が「今日のジョイアは一段と大人っぽく見えるわね」と仰られたので、ちょっとドキっとしましたの。
気のせいだと言いましたが、お母様は何も言わず微笑まれてましたわ。

お母様には今日の出来事が何だかお見通しの様な気がしますわ…。

NALULU_SS_0519_20141106085717202.jpeg
今日もお父様の試合が無かったので、アンフィニー叔父様の応援に行きましたの。
カロヤカさんがバジルさんにKO勝ちされましたの。
やはりカロヤカさんも長年ノームスティルグに所属されてるのでお強いですわ。

NALULU_SS_0520_201411060857186f7.jpeg
でも、その次のアンゼルマさんとの試合ではギリギリまでは0対0だったんですが、
アンゼルマさんに押しの一手で負けてしまわれましたの。

NALULU_SS_0521_20141106085719028.jpeg
そんなアンゼルマさんにラリーさんが対戦され、ラリーさんが勝たれました。
でも、ラリーさんもいつものKO大差勝ちされないという事は、アンゼルマさんも相当に強いんですわよね。

NALULU_SS_0522_20141106085721ada.jpeg
その後、ロザミアさんと対戦されて、何とラリーさんが負けてしまわれましたの!
あのラリーさんが負けられるだなんて…と思いましたら、アンフィニー叔父様が出てこられ、
ロザミアさんに余裕で勝利されてましたわ♪
アンフィニー叔父様、試合で戦ってる時は勇ましくて、より素敵ですわ♪

NALULU_SS_0524_20141106085722ec8.jpeg
ヴォルス隊が勝利でしたの。
バイツ隊もヴォルス隊も着々と勝ち数を挙げられておられる様で、良かったですの。

NALULU_SS_0525_20141201031430a6e.jpeg
夕方に仕事をしに行きましたら、ノアールさんからもお祝いの言葉を頂きました♪

NALULU_SS_0529_2014120103143126a.jpeg
NALULU_SS_0539_201412010314346eb.jpeg
お願いして、夜にお父様から技の伝授をして頂きましたの♪
今年だけは私の誕生日を忘れておられる様なので、おねだりして頂いたお祝いなのですの。

NALULU_SS_0540_2014120103143698c.jpeg
お疲れのところを私に付き合って下さって有難う御座います。
でも、それだけで気分が優れてない様な気もしますが、何かあったのでしょうか?

NALULU_SS_0541_20141201031836eb3.jpeg
家に帰りましたら、お姉様からお祝いのお言葉を頂きましたの♪
ふふふ…、大切な方達からお祝いされて、今日は幸せな一日でしたわ♪♪

お姉様が「ジョイア、今朝よりも一段と大人びいた様な気がするけど、モーガン君とキスでもしたの?」と
ストレートに仰るものですから、思わず赤面してしまいましたの。

すると、お父様が「さっき、ジョイアちゃんが一段と大人っぽく見えたのは、その所為だったんだね」と
悲しそうな表情で枕に顔を埋めてましたの…。
先程のお父様の気分が優れてなかったのは私の事だったのですわね…。

お母様が「…そういえば、あなたが今のジョイアの年齢の頃、私と初めてのキスを…」と言いかけたら、
「そ…、その話は勘弁してよ…」とお父様が困った表情をされて、目を閉じてしまわれましたの。

ふふふ…、やっぱりお父様はお母様には敵わないのですわね。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんばんは
大人の階段昇る
と聞くと
深夜のOTONAの方で考えてしまったのは先代のリアン君の影響からでしょうか?

エミリアさんいろんな人に見送られて安心してシズニに行けそうですね。
自分にもいずれ来る道
避けられようの無い道ですね(親を見送る、置いて逝く、置いて逝かれる)
人の気持ちに立てるジョイアちゃんはとても思慮深くて優しい子です☆
気分も落ち込んでも大切な人と過ごすことで和らいだりしますもんね。

ラリーさんwwやっぱりお地蔵様ですねwwww
リアン君から技を受け継ぐって
ちょっとHIWAIな技と妄想した私は…
私は!!

リアン君のちょっと強い言い方の中にも
親離れしていくジョイアちゃんに対する複雑感情があるのかなと思ってしまいました☆

エミリアさん結婚前の娘がいたんですね…ううう確かに両親揃って送り出してほしかったですね…(;_:)
うえええNPCが引越しすることがあるんですか?!
アリアちゃんは少しでもいい家に住みたかったのかもですね☆

モーガン君との初めてのチュー
何故か優しい気持ちがああ、一杯ですね☆
涙が出ちゃう嬉しいのに
be in love with you
っていうやつですね☆
生きてきた人生の中で一番嬉しい贈り物、今はキスでも
そのうち遺伝子というプレゼントゥが一番に(あらゆるいみで)
なりますよ☆

娘のちょっとした変化にも気が付くアリアママは素敵なお母さんですね☆

あのロザミアちゃんがお地蔵さ…いえラリーさんを打ち破るとは
彼女はイシュタルなのかもですね☆

どうしてもリアン君が授ける技が
試合で使う技と思えず夜に旦那に使う技と連想してしまう
(娘にそんなエッチい事教えるパパ嫌だよ!!)
いえ、男心のくすぐり方を教えているんですよね?
それもそれで…(゜-゜)


娘の恋の進展に複雑なリアン君、
更にアリアさんに昔の事を話されてまたまた恥ずかしくなって
リアン君も居た堪れないですねw
更新お疲れ様でした☆
  • posted by lise 
  • URL 
  • 2015.06/18 01:51分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

liseさん>

続けて、おこんばんはです~♪

> 深夜のOTONAの方で考えてしまったのは先代のリアン君の影響からでしょうか?
そうですともww
私もついついそっち方面に考えてしまうのはリアンの影響ですww
リアン「え?僕の所為なの??寧ろ、それは中の人の影響が僕に及んでるんだけど」(>_<)
…だそうですw

> エミリアさんいろんな人に見送られて安心してシズニに行けそうですね。
再PU版は多くの人に見守られて旅立てるようになったのは良かったですよね。

> 自分にもいずれ来る道
> 避けられようの無い道ですね(親を見送る、置いて逝く、置いて逝かれる)
そうなんですよね…。だからこそ、ついつい考えてしまいます…。

> 人の気持ちに立てるジョイアちゃんはとても思慮深くて優しい子です☆
ううう…、そう仰って頂けて嬉しゅう御座います(/ω\)

> 気分も落ち込んでも大切な人と過ごすことで和らいだりしますもんね。
大切な人の存在と言うのは本当に有難いです。
私も一時期、動悸激し過ぎたものの、リセさんとお会いした事で落ち着きましたから(*´ω`*)

> ラリーさんwwやっぱりお地蔵様ですねwwww
リセさんがラリーさんをお地蔵様扱いしてから、ラリーさんのお地蔵さんの涎掛けしてる姿が
浮かんできて離れなくなってしまったじゃないですかww

> リアン君から技を受け継ぐって
> ちょっとHIWAIな技と妄想した私は…
そこは、やはりリセさんらしくてナイスですw

> リアン君のちょっと強い言い方の中にも
> 親離れしていくジョイアちゃんに対する複雑感情があるのかなと思ってしまいました☆
私もこれを打ち込んでる時に、そんな感じがしてたので、それを汲み取って頂けて嬉しいです(*´▽`*)
少しずつ大人になってゆく娘に喜びよりも寂しさの方が勝ってる寂しがり屋のリアンパパですw

> エミリアさん結婚前の娘がいたんですね…ううう確かに両親揃って送り出してほしかったですね…(;_:)
そうなんですよ…。
よりによって、ダイアナさんの結婚式2日前にエミリアさんが逝く事になってしまって…。
こういう時に(システムの方の)神様、せめて空気読んでよ!って思いますね…。

> うえええNPCが引越しすることがあるんですか?!
> アリアちゃんは少しでもいい家に住みたかったのかもですね☆
私もまさか引っ越しするとは夢にも思わなくて、この時は非常に驚きましたww
ナルルは引っ越ししてもアナウンス無いので、尚更に驚きましたよ。
もしかしたら、ずっとメイビ区のあのちょっとしたリッチな家に住みたいと
アリアさんは思っていたのかもしれないですね(*´ω`*)

> 生きてきた人生の中で一番嬉しい贈り物、今はキスでも
> そのうち遺伝子というプレゼントゥが一番に(あらゆるいみで)
> なりますよ☆
恋人時代のあの甘いシーンは特に力を入れてるブログですw
モーガン君、偶然にジョイアの誕生日にキスする選択肢出してくれて
「もしかしたら、プレイヤーの思いが伝わってるんじゃないかw」と思っちゃいましたw

をを!のちには遺伝子というプレゼントゥが一番になるんですかww
あるゆる意味というのが凄く気になるんですがw(^^;

> 娘のちょっとした変化にも気が付くアリアママは素敵なお母さんですね☆
アリアさんは気が利く性格なので、娘のちょっとした変化に直ぐに気付いてくれそうですね(*´ω`*)

> あのロザミアちゃんがお地蔵さ…いえラリーさんを打ち破るとは
> 彼女はイシュタルなのかもですね☆
あのラリーさんを負かす位ですから、ロザミアちゃんはかなり武術は秀でてるんですよね^^
(ロザミアちゃんママもティルグ員として活躍してましたし。)
イシュタルなロザミアちゃん!をを!似合ってそうです(*´ω`*)

> どうしてもリアン君が授ける技が
> 試合で使う技と思えず夜に旦那に使う技と連想してしまう
> (娘にそんなエッチい事教えるパパ嫌だよ!!)
まだ清らかなお付き合いしかしていないのに、娘にそんな技を教えていたりしたら、
リアンはアリアさんに2度と口を聞いて貰えないですwww
奥さんにはえっちぃ事は言えるけど、娘には意外と言えないリアンパパですw

> いえ、男心のくすぐり方を教えているんですよね?
> それもそれで…(゜-゜)
そういうアドバイスはしていそうな気がしますww
少しずつモーガン君のことをリアンは認めていってますから(何より親友の息子君なのもあるので)、
二人が上手くいって欲しいという事でアドバイスしてそうです(*´ω`*)

> 娘の恋の進展に複雑なリアン君、
> 更にアリアさんに昔の事を話されてまたまた恥ずかしくなって
> リアン君も居た堪れないですねw
上手くいっては欲しいものの、やはりキスしたとかそういう話を聞くと
落ち込んじゃうリアンパパですw
「その年齢でキスするなんてまだ早いんじゃないかい?」とリアンが言うのを分かってるので、
アリアさんはジョイアに助け舟を出す形でリアンの過去を話そうとしたのでしたw
本当、リアンは踏んだり蹴ったりですねw

コメント有難う御座いました(∩´∀`)∩♪
  • posted by エルミオン 
  • URL 
  • 2015.06/19 02:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

こねこ時計 ver.1

Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

エルミオン

Author:エルミオン
ワールド・ネバーランドのナルル王国の
PC日記とお迎えした移住者さん達の
移住報告日記です。 

ネタバレが有る際も御座いますので、
拝見する際はご注意下さいませ。

当ページでは株式会社アルティ様が権利を持つ
『ワールド・ネバーランド~オルルド王国物語~』と
『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の
画像を利用しております。
該当画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)alti.(c)1997藤原カムイ
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

*当ブログはリンクフリーです。
もし当ブログをリンク貼って下さったお方がおりましたら、
こちらからもリンクを貼らせて頂きます♪♪

ナルル王国公式サイト

仮想世界シミュレーションゲーム「ワールド・ネバーランド ~ナルル王国物語~」オフィシャルサイト

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。