Una storia l'infinità seguente

ナルル王国の日々を綴る日記です。PCや移住者さん達のことを綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕や姉弟達、そして、孫達に受け継がれてる両親の命の欠片…。

210年22日

NALULU_SS_0721.jpeg
NALULU_SS_0722.jpeg
今日はジョイアちゃんの授業参観をしに来た。
首席生徒として始業の号令もしてるのか。あの小さな娘がこんなに立派になって僕は嬉しいよ。
ううう。僕はさっきから涙と鼻水までもが出てきてるよ。

ramonnsennsei.jpg「あの…。エルミオンさん。何気に私の服で涙と鼻水を拭くのは止めて貰えませんかね?」

NALULU_SS_0723.jpeg
少年から青年へ、そして、青年から壮年へと僕は時間と共に変わっても、
この大きな樹だけはあの頃と変わらずにいるな。

そんな事を思いながら、この子達の様にこの学校に通っていた頃を僕はひしひしと思い出した。
ジョイアちゃんもいつしか結婚し、子を成した時には僕と同じ思いを懐く日が来るのだろうか?

NALULU_SS_0725_20130215045900.jpeg
NALULU_SS_0726.jpeg
今日はビリー君chaildbirey.jpgとマリーナちゃんchaildmariena.jpgの試合。
ビリー君、頑張って挑んだものの、マリーナちゃんの方が強くて負けてしまった。

うんうん。ビリー君も十分に頑張って戦ってた事、僕は叔父としてちゃんと見てたからね。
もしかしたら、このままマリーナちゃんが勝ち進んでゆくことがあれば、
決勝戦でジョイアちゃんと対戦する事になりそうだな。


その日の夜…

娘達の成長が嬉しい半面、何処となく寂しい思いに駆られ、僕は酔いどれ騎士亭でお酒を飲む事にした。

12yearsliann05.jpg「父さん。僕は父さんの気持ちが今になって凄く良く分かるよ。」
rounennconer3.jpg「うん?一体、何があったんだい??」
12yearsliann05.jpg「フェリチタに将来を誓い合う恋人が出来てさ…。赤ん坊の頃から今日まで育て、慈しんできた
       我が子が何だか僕の手の届かない場所へと遠く離れてゆく様な気がしてね…。」

rounennconer3.jpg「そうだったのかい。フェリチタちゃんもそういう年頃になってたんだね…。確かに僕も
       プレーチェやグラツィアに恋人が出来た時はそういう気持ちになったね。でもね…。」

12yearsliann05.jpg「うん?でも…??」
rounennconer3.jpg「遠く離れてゆく様な気がするのは己の命の欠片である子供だからこそ、そう感じるだけだよ。
       だけど、父娘という血の繋がりだけは、たとえ己の命が尽きえても、永遠に変わる事がない
       真実だろう?」


父さんのその言葉に僕は胸を強く突き動かされた。
そうだよね。時間が経てば色々と変化してゆく事は当たり前の事なんだから。
僕とフェリチタちゃんやジョイアちゃんが父娘である事は永遠に変わらないんだよね。

父さんが姉さん達に懐いた思い、母さんが僕やアンフィニー君に懐いた思いは
僕が今、懐いてるこの思いと同じなんだと思ったら、何だか嬉しくなった。

NALULU_SS_0728_01.jpg
NALULU_SS_0729_01.jpg
NALULU_SS_0730_01.jpg
NALULU_SS_0731_20130215050918.jpeg
陽気になっていたら、父さんに窘められてしまった。

rounennconer3.jpg「リアン。席に放置してるワクマの種は持って帰りなさい。ロールさんがさっきからそれを
       じーっと凝視して見てるから。」


NALULU_SS_0732_01.jpg
NALULU_SS_0733_01.jpg
NALULU_SS_0735_01.jpg
NALULU_SS_0739.jpeg
更にお酒を飲んで陽気になっていたら、父さんが呆れつつも目を細めて笑っていた。

rounennconer3.jpg「酔うと僕にこうしてしつこく絡むところはカオリちゃんと全く同じだよ…。
       お前は性格や癖までもがカオリちゃん似だね。
       …お前を通して何だか此処にカオリちゃんが居るみたいな気がするよ。」


210年23日

昨日、飲み過ぎた所為か、酷い二日酔いに…。ちょっと飲み過ぎたかな?

NALULU_SS_0741.jpeg
NALULU_SS_0742_20130215051941.jpeg
NALULU_SS_0743_20130215051941.jpeg
そんな僕をフェリチタちゃんが心配そうに声をかけてくれた。
こんな父親でも心配してくれる娘の気遣いが嬉しくて、そして、幸せで涙が出そうになった。

NALULU_SS_0746.jpeg
そういえば、今日は収穫の日だった!
こんなにへべれけな状態で参加して大丈夫かな??

…と思ってた矢先に、何にもないところで転んだ。

NALULU_SS_0747_20130215051941.jpeg
ラムサスさんには仕事の状況を聞かれながら心配され、

NALULU_SS_0748.jpeg
ノアール君には心配する言葉と助言まで頂いてしまった。

はい。大人しく温泉に浸かって来ます…。

210年24日

NALULU_SS_0757_20130217031441.jpeg
今年も懲りずに大食漢の宴に参加。今年こそは優勝したいけど、出来るかな?

エイダちゃんeida01.jpg、ゲオルグさんrounenngeorugu01.jpg、ベルナテッドさんrounennbernated.jpg、エルダさんelda.jpg
何とこの大会で2回優勝したグラツィア姉さんsounennguratulia.jpgの娘のイレーヌちゃんseizinnirenu02.jpgが出場!!

う~ん。父さんの血を濃く引くグラツィア姉さんの娘のイレーヌちゃんが一番脅威的な相手かも。

NALULU_SS_0758_20130217031441.jpeg
今回はプリンだ!今年こそは優勝したい!!

NALULU_SS_0759_20130217031441.jpeg
…と思ってたものの、一等先に撃沈。
う~ん。僕はこの大会に出ても直ぐに負けてる事が多い様な…。

僕、もしかしたら、この大会に出てること事態が無謀だった??

NALULU_SS_0761.jpeg
NALULU_SS_0763_20130217031440.jpeg
そして、何と優勝したのがイレーヌちゃん!!
やはり血は争えないなwww

驚愕する程の大食いな父さん、そして、その父さんの血を引く姉さん、そんな姉さんの血を引く
イレーヌちゃん。
代々、この素質は受け継がれていってるんだね。
将来、イレーヌちゃんに子供が生まれたら、もしかしたら、そういう素質を受け継いでいる
子供が生まれてくるかもしれないね。

愛する人と巡り会い、お互いの命の欠片が合わさり、ようやく1つの愛という名の「形」になる。
そこから新たな命が生まれて、お互いの命の欠片を受け継ぐ子供が生まれる。

人は命尽きえても、子孫にその命の欠片は代々と受け継がれていく。
そう思うと、この僕の中で息づく命が温かく、そして、愛しく感じる。

NALULU_SS_0765_20130217032333.jpeg
NALULU_SS_0767_20130217032332.jpeg
NALULU_SS_0769_20130217032332.jpeg
そして、今年の巨大ロツコンテストの優勝者はリカルド君が!
親友が優勝とは僕は嬉しいな。おめでとう、リカルド君♪
スポンサーサイト

Comment

No title 

続けて…こんばんは☆

授業参観、リアン君を探せっ
灯台元暗しで先生の影に隠れてたんですね…
主席生徒…ジョイアちゃん凄いなぁ…☆

先生の服が…涙と汗でバッチク…www
ていうかリアン君の図体が隠れるほど先生はダイナマイトボデーなんですねwww

そうそう…子供が母校で就学するときっと授業参観は懐かしさがよみがえってくるんだろうなぁと
思います。
小学校時代の同級生がいまはもう小学生の母で
その子供は母校に通ってるのですからねェ
時の流れ凄いなぁ…

そしてコナーさんの
父娘という血の繋がりだけは、たとえ己の命が尽きえても、永遠に変わる事がない
という台詞熱いですねェ☆

そんな良い会話の跡に酔って絡んだり種落としたり…www
そうなんですよね…今はもう亡き人でもその受け継がれた命の中にいるんですよね…

二日酔いのリアン君を気遣う優しいフェリチタちゃんや
転んだ後もノアールさんやラムサスさんに心配され…
いろんな人に気遣われたんですねw

大食い…目の前に出されたものが明らかに胃に重そうな物だと
何故か悪意を感じたりしますwハリーさんにw
プリンは…意外ときつそうですねw
イレーヌちゃんが優勝したんですね☆
やはり遺伝ってあるのですかねェ(*^。^*)

マフユ「そう、自らの子孫を残そうとする本能がゲノムを結びつき合わせて
それらを引き継いだゲノムを構築する…そしてそのゲノムもまた
子孫を作ろうとゲノムを…(以下略)

更新お疲れ様でした☆
楽しかったです☆
  • posted by lise 
  • URL 
  • 2013.03/10 03:28分 
  • [Edit]

Re: No title 

liseさん>

続けてコメント下さって有難う御座います♪

先生の影に思わず隠れて娘の活躍を見つめるリアンですww
首席生徒って授業開始の号令とかもするんですね。
(実はこの時、初めてそういう役割があったの知った私ですww)

ラモン先生の服は、きっとリアンの涙と汗と鼻水でテカテカしてる事でしょうww
はい、先生は何となくダイナマイトボディーな気がしますwwww

> そうそう…子供が母校で就学するときっと授業参観は懐かしさがよみがえってくるんだろうなぁと
木の下での回想シーンの流れは前に友人との話の流れであった話を参考にしましたww
ええ!liseさんの同級生さんには小学生のお子さんを持つ方が居られるんですか?!
そういうのを見聞きしたりすると、時の流れの早さに驚きますよね。

思わずコナーさんに熱い台詞を言ってもらいましたww
でも、コナーさんは子供を持って、妻を亡くしたりしたからこそ
こう思ったと私は思うのです。

種は途中で邪魔になったので椅子のところに捨てましたww

> そうなんですよね…今はもう亡き人でもその受け継がれた命の中にいるんですよね…
亡くなっても命の欠片(私の中ではDNAの事をそう言ってます)は引き継がれてるから
生きてる人の中に息づいている。
多くの命の欠片を受け継いでるからこそ、命は重いし、温かいのだと思ってる私です。

> 二日酔いのリアン君を気遣う優しいフェリチタちゃんや
> 転んだ後もノアールさんやラムサスさんに心配され…
> いろんな人に気遣われたんですねw
へべれけな髭のおっさん、本当に何してるの?という状態でしたが
皆が心優しき方々で良かったです^^

> 何故か悪意を感じたりしますwハリーさんにw
分かります!2年連続で大きいロツパンを出された時はハリーさんに
そう感じましたwww
いったい全体、どういうおつもりで食べ物チョイスしてるのか聞いてみたいです
ハリーさんにwwww

プリン、ミルクと卵を使ってるから、そう見えなくとも意外とお腹にダメージが
来そうですw

そうなんです!まさかの姪っ子の優勝に私も驚きました!
3代続けて優勝するエルミオン家の面々。
コナーさんの遺伝子がかなり強く受け継がれてる様ですねwww
ナルルは顔だけでなく、こういったところまでもが遺伝してるところが
凄いなと思いました。

ををを!マフユさんのゲノム語りですね^^
確かにマフユさんの仰る通りです♪

いつもコメント有難う御座います♪
  • posted by エルミオン 
  • URL 
  • 2013.03/11 09:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

こねこ時計 ver.1

Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

エルミオン

Author:エルミオン
ワールド・ネバーランドのナルル王国の
PC日記とお迎えした移住者さん達の
移住報告日記です。 

ネタバレが有る際も御座いますので、
拝見する際はご注意下さいませ。

当ページでは株式会社アルティ様が権利を持つ
『ワールド・ネバーランド~オルルド王国物語~』と
『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の
画像を利用しております。
該当画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)alti.(c)1997藤原カムイ
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

*当ブログはリンクフリーです。
もし当ブログをリンク貼って下さったお方がおりましたら、
こちらからもリンクを貼らせて頂きます♪♪

ナルル王国公式サイト

仮想世界シミュレーションゲーム「ワールド・ネバーランド ~ナルル王国物語~」オフィシャルサイト

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。