Una storia l'infinità seguente

ナルル王国の日々を綴る日記です。PCや移住者さん達のことを綴ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の揺らぐ胸中・・・。

209年1日

NALULU_SS_0140_20120512044854.jpeg
NALULU_SS_0141_20120512044853.jpeg
成人の儀式で父さんとラムサスさんが言葉を述べているところを見てた。
父さんがこういった厳かな式で祝辞を述べてると何だかカッコイイな。

209年2日

NALULU_SS_0146_20120512044852.jpeg
NALULU_SS_0148_20120512044851.jpeg
今年もラムサスさんがエルグ長、パールスさんとゲオルグさんがエルグ副長として仕事始めの儀式。

NALULU_SS_0150_20120512044850.jpeg
カロヤカさんに優勝狙おうと声をかけたら、可愛い返事が返ってきた。
そんなカロヤカさんが「ちょっと可愛い・・・」って思わずときめいてしまった♪

209arubass.jpg 209kaitu.jpg
今年のシルフィスティルグはエミーリエちゃんとレガーナちゃんがティルグ員入り。
レガーナちゃん、入隊早々に騎兵長に就くとは、流石は長年シルフィス&ノームスティルグ員で
ティルグ員として活躍してた母親のマリーナさんのDNAを受け継いでるだけあるな。
エミーリエちゃんも母親のイレーヌさんがアクアスティルグ員として活躍してたから
その血筋をきっかりと受け継いでいるんだろうな。

209vaitu.jpg 209vorus.jpg
今回はアンフィニー君とは別の部隊になってしまった。
そして、アンフィニー君は去年、相当活躍したから騎兵長なんだね・・・。
ううう・・・。またしても差をつけられた気がする・・・。

今年も僕はヴォルス隊の重騎兵だ。
そして、去年も同じヴォルス隊だったラリー君と同じチームで、騎兵長が何とカロヤカさんだった。
三人全員が「赤毛」だからヴォルス隊と言うより「赤毛隊」の方がチーム名がしっくりとくるなw


209年3日

NALULU_SS_0196_20120515232224.jpeg
ベッドで横になって休んでたら幼い男の子に話しかけられた。
一体、こんなおじさんに何の用事があって来たんだろう??
まさか僕の付け髭が目的?!

NALULU_SS_0197_20120515232223.jpeg
NALULU_SS_0198_20120515232222.jpeg
今日はアリアちゃんの誕生日。
そうだからなのかどうか分からないけど、久々にアリアちゃんからキスをねだられたので
そっと抱き寄せ、その可愛いらしい唇に優しく口付けした。

本当は濃厚なのを交わそうとしたけど、フェリチタちゃんとジョイアちゃんが僕達両親の動向を見てるし、
何よりも僕が歯止めが効かなくなりそうなのでww

NALULU_SS_0200_20120515232220.jpeg
ラムサスさんも今日がお誕生日なのでお祝いの言葉を述べたら喜んでくれた。
ラムサスさん。これからもまだまだ長生きしてね。

NALULU_SS_0202_20120515232219.jpeg
父さんも今日が誕生日なのでお祝いの言葉を送ったら喜んでくれた。
父さんが23才を迎える事が出来て良かった。これからもまだまだ長生きしてね。

NALULU_SS_0205_20120515233055.jpeg
母さんも今日が誕生日なのでお祝いの言葉を言ったら喜んでくれた。
母さん。23才を迎える事が出来て良かったよ。

・・・母さん。来年もこうして誕生日を迎え、僕がこうしてお祝いの言葉を言えるよね?

僕はあの日からずっと母さんから言われた言葉が心に重く圧し掛かって離れないんだ。

あの言葉が母さんの・・・。
いや。そう思わないほうがいいかもな・・・。

NALULU_SS_0206.jpeg
命の終わりが近付いて来てる人が、こんな風に楽しそうに酔っ払って帰ってきたりしない。
あのバグウェルや数々の試合を勝ち抜いてきた猛者な母さんは、ここで終わったりはしない筈だから。

母さんには曾孫の顔まで見て欲しいんだ。だからそこまでは生きて欲しいんだ。
母さんの寝顔を見ながら僕は実家を後にした。

209年4日

NALULU_SS_0207_20120515233053.jpeg
早朝から実家を訪ねて見たら母さんの言葉に相変わらずの返答をする父さん。

父さん。やっぱり強がってるんだよね・・・。
その背中が寂しそうなのを物語ってるよ。

NALULU_SS_0211_20120515233052.jpeg
NALULU_SS_0213_20120515233051.jpeg
母さん、酔っ払ってなのか分からないけど何でそんな料理を食べちゃってるのかな・・・。
多分、父さんが作ったものだから食べたいと思って食べたのかな??

NALULU_SS_0214_20120516015012.jpeg
楽しそうにしてるので訳を聞いたらそんな返答が!
ジョイアちゃん。そんな幼い年齢からデートするなんてパパは早いと思うんだけどな。

NALULU_SS_0215_20120516015011.jpeg
レガーナちゃんから花をプレゼントされた。
本当は断った方が良かったのかもしれないけど、折角の好意を無下にするのも嫌だったので快く頂いた。
でも、こんな場面をパールスさんから見られたら在らぬ誤解を受けそうだけど・・・。

NALULU_SS_0217_20120516015009.jpeg
デートの相手が凄く気になるので、その相手が来るまでベンチに腰かけて待っていたら
いつの間にか夕方になってた。

一日何もせずに僕は此処で何をしてるんだろう・・・。
そう思っていたら、ジョイアちゃんのデートのお相手がようやく来た。

フェルナン君sounennferunann.jpgの息子のモーガン君chaildmorgann.jpgだった。
う~ん。ジョイアちゃんは確かに母さんの「イケメン好き」なDNAを強く引き継いでるな。

NALULU_SS_0218_20120516015008.jpeg
気になるので後を付けて行ってみたら、ジョイアちゃんが凄く楽しそうに歩いてる。
ちょっと、ジョイアちゃん。
パパにはそんな嬉しそうな表情を見せた事が無いのに、モーガン君の前では見せるんだね。

僕、ちょっとモーガン君に嫉妬の炎がメラメラと燃え上がってきたよ。

心なしか背後から僕の行動をジーっと見て、引いてる方が居る様な?
でも、僕は娘の事が心配で心配で堪らないんだよ!!

NALULU_SS_0219_20120516015008.jpeg
みんなで来ようと言う事はモーガン君の事は「仲の良い友人」の1人として思ってるだけなんだよね?
うんうん。それなら良かったよ。
僕は君を早く嫁に出すつもりは無いからね。

ジョイアちゃんのデートを見届けた後、僕はアリアちゃんと恋愛してた頃の事を思い出した。

母さん。本当はどんな思いで僕の恋愛、そして、結婚を見守っていたんだろうな・・・。

やはり今の僕と同じ思いを持って見ていたのかな?

そう思ったら、母さんに聞いてみたくなり、僕は花を手土産に実家へと足を運んだ。

NALULU_SS_0227_20120516024512.jpeg
NALULU_SS_0230_20120516024509.jpeg
NALULU_SS_0235_20120516095411.jpeg
rounennkaori3.jpg「貴方からお花のプレゼントを貰うのは久々ね。ふふふ・・・、こんなに沢山も貰えて嬉しいわ。」
liannhigevor.jpg「何だか分からないけど母さんに花をプレゼントしたくなってさ・・・。母さん、花が大好きだよね?」
rounennkaori3.jpg「ええ、その通りよ。有難う、リアン。大切にするわね。」
liannhigevor.jpg「・・・うん。・・・前にも聞いたことあるけど、僕がアリアちゃんと恋愛し出した時はどう思った?」
rounennkaori3.jpg「嬉しい半面、やはり寂しかったかしらね。母親の私と接する時と、愛する人と居る時に
        見せる表情の違いに気付いた時は、近しい存在(こども)が遠くなってしまったかの様で・・・。」

liannhigevor.jpg「・・・。僕も母さんの息子なんだね。さっき、ジョイアが異性の子とデートしてるのを見てたら
        同じ気持ちになったんだ・・・。」

rounennkaori3.jpg「貴方も一人前の父親になったわね。・・・ジョイアちゃん、どんな男性と恋に落ちるのかしら?」
liannhigevor.jpg「多分、母さん似のイケメン好きだから、そういう男性を好きになりそうだな・・・。」
rounennkaori3.jpg「まあ!私のDNAがしっかりと受け継がれてるとは嬉しいわね♪」
liannhigevor.jpg「そこ、喜ぶところなのかな??」

僕と母さんはそんな話などをしながら楽しい一時を過ごした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

こねこ時計 ver.1

Cats
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

プロフィール

エルミオン

Author:エルミオン
ワールド・ネバーランドのナルル王国の
PC日記とお迎えした移住者さん達の
移住報告日記です。 

ネタバレが有る際も御座いますので、
拝見する際はご注意下さいませ。

当ページでは株式会社アルティ様が権利を持つ
『ワールド・ネバーランド~オルルド王国物語~』と
『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の
画像を利用しております。
該当画像の転載・配布は禁止いたします。

(c)alti.(c)1997藤原カムイ
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

*当ブログはリンクフリーです。
もし当ブログをリンク貼って下さったお方がおりましたら、
こちらからもリンクを貼らせて頂きます♪♪

ナルル王国公式サイト

仮想世界シミュレーションゲーム「ワールド・ネバーランド ~ナルル王国物語~」オフィシャルサイト

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。